スロハユニフの工作日誌

Yahooブログ終了のため引っ越しました。

2019年11月

 

連結部のアーノルドカプラーをKATOカプラーに交換します。密自連のジャンパ栓付きのものです。実際は違うのですが見えないので気にしない・・・
P_20191028_001003

P_20191028_001142

 

交換完了しました。

P_20191028_001642
 

5両並べて試運転・・・
P_20191028_002211


ライトも光り、喜びの瞬間です。

動力は走行歴の少ないものらしくスムーズです。
P_20191028_002449

 

手間は掛かりましたし実物とはちょっと違うものですが、こうして自分で課題を作り、技術を凝らして作り上げた車両は愛着が湧きます。
P_20191028_002216

 

苦労しましたがとても楽しい工作となりました。

新たな発想が浮かんだりするので年に数回はこういう自由工作を行っています。長くこの趣味を続けていく秘訣と言いますか、凝り固まったりせずに緩い工作も重要なのです。
P_20191028_002527

 

 



にほんブログ村 に参加しています。お気に召しましたら下記のリン
クをポチッとして頂けると励みになります。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

 


 

車体は何とか組み込めましたので、先頭車のライト加工です。

115系と165系は模型の車体構造が全然違いましたのでライト導光材も合いません。165系はライト基盤上にヘッド/テールライトが並んでいるのですが、115系はライト基盤上下に1球づつあるように見受けられます。
P_20191026_001004

P_20191026_073734


 

試しにムギ球をハンダし直して基盤上下に設置してみましたが・・・
P_20191026_074228

 

上下に幅が出てしまいライトケースに入りませんでした。光もあちこちから漏れてしまい、これは失敗です。
P_20191026_074412

 

そこで、LEDに交換することにしました。
P_20191026_174926

 

3mm砲弾型の電球色LEDをギリギリまで削って薄く加工します。
P_20191026_112010

 

基盤から既存の電球等を外します。
P_20191026_112017


 

上(ヘッド)側はこのように配置しました。
P_20191026_113047

 

裏面です。

P_20191026_113530

P_20191026_113755

 

次に下(テール)側のLEDを設置します。こうやってオリジナルでLED打替えするのがやりやすいのがKATO製品だと思います。マイクロエース製品はこれが大変で・・・
P_20191026_114303

P_20191026_114340

 

前から見たところです。薄く削ったのでライトケースに入ります。
P_20191026_180947

 

 

ライト導光部は側面から光を拾うので、LED前方はアルミテープで遮光します。
P_20191026_181616

 

ライトケースにはめ込みます。
P_20191026_182036

 

ヘッドライト点灯です。(スカート曲がってますね・・・)
P_20191028_000642


 

切り替えてテールライト点灯です。

 P_20191028_000646


光漏れは都度直し、最終的に両面テープで車体に固定します。

 

 




にほんブログ村 に参加しています。お気に召しましたら下記のリン
クをポチッとして頂けると励みになります。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

 

 

3両の中間車の施工が終わり、残りは2両の先頭車です。どうせなら前部スカートがあってライト点灯可能な下回りが欲しいです。

中古屋のジャンクから安いものを・・・ということで、165系の「ムーンライト(赤)」の先頭車2両(クハ、クモハ)が安くありましたのでこれを購入しました。
P_20191026_000429


(中間車も有ったらこれはこれで一揃いで欲しかったのですが、逆にいうと「中間車がないから安かった」のでしょうね)
P_20191026_000604

 

同じメーカーの同じような構造の電車ですからピッタリかな・・・とタカを括っていましたが、そんな安易な願望は分解した時に打ち破られました。

 

「KOKUDEN」同様の古い構造・・・床板が車体と一体構造のもので接続爪も合いません。また車体長も5mm程長かったのでした・・・
P_20191026_000836

P_20191026_001004


 

車体の長さは運転台側から5mm削ってスカートは後ろにずらし接着剤で固定、窓ガラス下の接続爪受けもカットしました。
P_20191026_002402

 

現物合わせで少しづつ加工し、ようやく車体をはめ込む事が出来ました。

P_20191026_004602
 

 




にほんブログ村 に参加しています。お気に召しましたら下記のリン
クをポチッとして頂けると励みになります。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

 

 

次に中間T車2両の作業です。

中古屋ジャンクで同様に「KOKUDEN」セットのモハとサハがありました。1両300円と安いです。

P_20191024_225547


本当はあと
2両あれば先頭車も含めチャチャッと5両完成(とはいえスカート回りの工作が必要)なのですが、ないものは仕方ないですね。
P_20191024_225714


 

動力車同様に簡単にハメコミできるかな・・・と思いましたが、103系旧製品はボディと床板が一体成型で構造が違いました。ハメコミの爪が合わず、車体が膨らんでしまいます。

P_20191024_230011

P_20191024_231727

 

そこで、窓ガラス下の床板受けの部分をカットします。
P_20191024_234555

 

車体との固定は両面テープの細切りです。
P_20191025_001012

 

これで中間3両ができました。

 

 




にほんブログ村 に参加しています。お気に召しましたら下記のリン
クをポチッとして頂けると励みになります。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

 

 

ジャンクボディに合いそうな下回りを探します。

ちょうどKATOの103系「KOKUDEN」のクモハ103(M)バーミリオンがジャンクでありました。
P_20191023_215756

 

車体は30年以上前のもので古いです。子供の頃、これをT車のクハと合わせて2両編成で走らせておりました。

とはいえ動力は現行仕様のものです。これが990円で売っておりましたので購入です。
P_20191023_215819

 

これを中間車であるモハ115に合わせて工作・・・と思っておりましたが、全くの無加工で取付できました。
P_20191023_215852



ということはこの115系ボディーはKATO製ですね。(造りからしてそうではないかと思っていましたが・・・)

動力車の加工が一番苦労するかな・・・と思いましたが肩透かしでしたね・・・
P_20191023_220044

 

 


にほんブログ村 に参加しています。お気に召しましたら下記のリン
クをポチッとして頂けると励みになります。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

 

このページのトップヘ