スロハユニフの工作日誌

Yahooブログ終了のため引っ越しました。

2016年03月

鉄道コレクションンの22弾を買いました。
ffc1b0ad.jpg



今回は気動車・・・しかも古めのもので是非とも欲しいと思っていました。
昨日は仕事が遅かったので1日遅れながら購入・・・箱買いです。

今回の人気の1つが国鉄のキハユニ、郵便荷物合造車ではないでしょうか?気動車編成の華になるのは間違いなし、私も待っておりました。(詳しくは知らないのですが)

開封して・・・気動車色のキハユニ、次は・・・気動車色のキハユニ、3個目・・・気動車色のキハユニ・・・・???

同じようなキハユニが3つ連続で 混乱・・・
6994cf91.jpg



車番から見て「キハユニ15 2」と「キハユニ16 10」は見本そのもので間違いありません。
ということは・・・「キハユニ15 9」がないものと判明、これは首都圏色の「キハユニ15 6」の色替えのシークレット、と納得しました。
d5949bbb.jpg



個人的には気動車色ツートンカラーの方が使い良いので歓迎です。

国鉄譲渡車たち・・・
1b79ead6.jpg


島原鉄道キハ2000と加悦鉄道のキハ08、これらはラウンドハウスやGM板キット改造で有りますが、これらも動力化させたいですね。

小型気動車たち・・・
fff21c27.jpg


紀州鉄道キハ603は留萌鉄道キハ1000を改造して作ろうと仕掛り中でしたが、こちらが出たので良かったです。動力化には若干加工が必要。
江若鉄道キハ12と岡山臨港鉄道キハ5001は独特の顔でミニレイアウトに似合いそうです。

最後に・・・
b5e8de70.jpg


夕張鉄道キハ253と岡山臨港鉄道キハ7002は片運転台・・・と思いきや反対側も無理繰りした運転台があってビックリです。
7d2442ac.jpg



もう一つづつ買って2両編成として遊ぼうかなぁって思っています。

どれも扱いやすい好材料ですし出来が良いので、もうひと箱買っても良いかな・・・? 


にほんブログ村 に参加しています。お気に召しましたら下記のボタンをポチッとして頂けると嬉しいです。


カトーのスロ81系・青のバラ買い品です。
10fc7f3b.jpg



スロとスロフが1両づつ不足、4両編成です。スロフのテールランプ・バックサインのある側のみ、カトーカプラーに変えています。
f991233a.jpg



これを2~4両編成で、アバウトに運用しています。普通の旧型客車でもいいのですが、ちょっと飾り帯とかあって華があります。
72fc828c.jpg



特に実物通りにこだわりませんし、小規模編成向けの小型機関車が多いので、牽かせるのに重宝しています。
17716504.jpg




にほんブログ村 に参加しています。お気に召しましたら下記のボタンをポチッとして頂けると嬉しいです。


古本屋で100円だったので買ってみました。
裏表紙もなく日焼けなのか劣化のかは分かりませんが、ボロボロです。
とはいえ印刷物的には読むことが出来ます。
31002179.jpg




時代的には・・・裏表紙が無く判を刷った日は不明ですが、最終ページに「1962年板スタイルブック」の表記があるので、昭和37年頃なのかな・・・と推察されます。とはいえ重版だとしたらその更に前になるのですが・・・
0ca7de83.jpg




関水金属がC50を出したのは1965年ですので、当然ながらNゲージ自体の記載はありません。
2da0698d.jpg



記載はOゲージとHOゲージが中心です。ただ日本型はHOとは別・・・と、16番と呼称する・・・とあります。個人的には車体の縮尺より線路幅が大切なのでこの辺りの呼称には興味が無く、16.5ミリゲージはHOゲージと考えています。

さて、この本・・・タイトル名通りスパイクです。板に線路を釘で打ち、板道床線路を作るところから入ります。
89d081f9.jpg



道具も専用にカスタマイズするようになっており、かなりの技術と忍耐を強いる作業になったと思います。
28f34dbe.jpg



そんな風にして作った線路を遊ぶ・・・

いや、なんかもう庭園鉄道です。
気軽に遊べる今の鉄道模型の世界と乖離しすぎていて驚きます。
3dcdef6f.jpg



かと思えばナローの小型レイアウトも紹介されており、こちらは今とあまり変わらずホッとします。
635ea14e.jpg



その時代なりの遊び方があるものです。この流れから1965年の新ゲージであるNゲージの討論で「完成品を買って気軽に遊ぶ」に強い拒絶感を持つユーザーが多かったのも仕方のないことでしょう。

実物どおりのスパイキングで忠実に作る人もいます。すでに樹脂で道床のあるシステム線路で自動運転を楽しむ人もいます。

いずれも「鉄道模型が好き」ならどちらでも良いんじゃないのでしょうか?


にほんブログ村 に参加しています。お気に召しましたら下記のボタンをポチッとして頂けると嬉しいです。


何だかパワーパック話が続きます。

先日新古で購入したアキアのパワーパック。
既に販売終了となっていますが・・・

形を変えて残っていたんですね。
クラウンモデルの「パワーコントローラー」として。
f63c2d7d.jpg



商品画像を拝借して比較してみます。

ボディ及び操作系統の変更はありますが、どう見ても同一のものです。
a1eb9e25.jpg


657a15fe.jpg



つまみはマスコン式から円形のツマミに、前後進のスイッチはT字型から三角型に変更されています。
ツマミを回すと光る「低速/中速/高速」のランプを示すシールも「中速/高速/最速」となっています。Zゲージのモーターだと速すぎるのでしょうか?
なお、このシールの形状のから金属プレスの型は若干修正したようです。

側面のカトーのポイントスイッチが使える接点も同様です。
4eb99c4b.jpg


598b9925.jpg



背後の形状も変わりまりません。
e220e2c9.jpg


fff79865.jpg



ACアダプターは変わっていますね。大きいのは変わりませんが・・・
6a289ec4.jpg


9e8e9b85.jpg



小型車両(鉄コレ・Bトレイン)メインのNゲージで数個のポイント操作も行いたい方はこの選択肢もあると思います。
決して安くはないですが、『小さなレイアウトにあった小さなパワーパックが欲しい』という方には良いのでは…?と思います。


にほんブログ村 に参加しています。お気に召しましたら下記のボタンをポチッとして頂けると嬉しいです。


純正メインのアネスト岩田のエアーブラシはホルダーが壊れたのを機にプチコンの方に移動しましたので、メインは中華トリガーブラシとなりました。
http://surohayunihu.html.xdomain.jp/airbrush2.htm

軽い調整で調子が良くなり、現在は水性塗料やアクリジョン、ラッカー系までほぼこなす、欠かせない存在です。
ところが弱点は純正スタンドに合わないこと・・・
とりあえずとして、KIDS105用に作った針金ハンガー加工の簡易スタンドを使っていました。
http://surohayunihu.html.xdomain.jp/petit_compressor.htm
9b142c09.jpg



プラ製のKIDS105なら大丈夫でしたが、重厚な金属製の中華ブラシは重いのか針金がたわみ、不安定です。これではまたスタンド崩壊の危機です。
今回新たに、中華ブラシ用のスタンドを設置することにしました。

・・・もちろん、針金ハンガーで(笑)

基本構造は同じです。ハンガーの棒掛けの部分がトリガー当てに、肩の部分がグリップ下部当てに当たるように曲げます。

今回はコンプレッサー自体に括り付けるようにしますので、余分の針金をカットします。
ブラシ掛け側は前にあった純正ホルダーのネジ穴に通し、反対側の先をコンプレッサー本体と自動圧力弁/水抜きとの接続部分に掛け、双方をネジって固定します。
d756c869.jpg



最後に中華トリガーブラシを乗せて細部調整、ハンガースタンド「2号」の完成です。
213c5bd7.jpg



これでグラグラせずに保持できます。金属ですのでスタンド崩壊もないでしょう。
ようやく、塗装作業が再開できそうです。

にほんブログ村 に参加しています。お気に召しましたら下記のボタンをポチッとして頂けると嬉しいです。


このページのトップヘ